• 不動産検索サービス

通勤・通学時間を基準とした検索機能を実装| 不動産検索サービス編

駅すぱあとWebサービスは、「駅すぱあと」が持つ経路探索機能や公共交通機関データを、お客様のシステムやアプリへ自由に組み込むことができる法人向けAPIサービスです。
駅すぱあとWebサービスの活用方法として、今回は「特定の駅からの移動時間を基にした検索結果を表示」する機能を「不動産業界での活用例」に沿ってご紹介します。

土地勘のない方でも一度の情報検索で必要な情報を取得できるようにしたい

お部屋探しの際、「最寄り駅」を選ぶときに「通勤・通学時間がどれくらいかかるか」「乗り換えは必要か、楽か」などを基準にしている方は多いのではないでしょうか。

 

駅すぱあとWebサービスの機能「範囲探索」を不動産検索システムに連携すると、以下の図のように通勤・通学時間からお部屋を探す機能を実装し、駅情報と紐づけた不動産一覧をサイト上で表示することが可能となります。

※範囲探索機能について、詳しくは以下のページをご参照ください。
 【範囲探索(/search/multipleRange)】

 

ただ、特に土地勘のない方にとっては「指定時間内の駅に何線が乗り入れているか分からない」「駅同士の位置関係が分からない」といった面もあり、候補に挙がった路線・駅について、別途情報収集する必要が出てくる場合があります。

駅すぱあと路線図と組み合わせることでユーザビリティを向上

「指定時間内の駅に何線が乗り入れているか分からない」「駅同士の位置関係が分からない」という課題は、「範囲探索」機能と「駅すぱあと路線図」を組み合わせれば解消できます。

上図のように「位置関係や乗り入れ路線を明確に視認」でき、通勤通学先までにかかる時間とのバランスを見て、住みたい駅候補を精査できるようになります。

 

この表示は土地勘がある方にとっては不要の場合もありますので、実装イメージのように必要情報の選択肢をご利用者様が選択できるようにすると、よりユーザビリティの高い検索サービスを提供できるのではないでしょうか。

 

※駅すぱあと路線図について、詳しくは以下のページをご参照ください。
 Rosen JS API リファレンス

駅すぱあと路線図との連携によるサービス展開

今回ご紹介させていただいた駅すぱあと路線図と機能連携すると、
・駅ごとに物件数や家賃相場等、自社で持っている情報を路線図上で表現
・駅近郊の周辺環境情報を、駅に付随する形でコメントや関連リンクを設置
といったサービスも実現可能です。

つまり、ご利用者様が必要な情報を「一度の検索で」取得できるようになります。

こういった活用方法については、後日ご紹介させていただきます。

 

※当サイト内不動産検索サービスでの活用例のページでは、今回ご紹介した以外の活用方法をご案内しております。あわせてご参考ください。

この他にもニーズに合わせた機能開発が可能です。

導入事例と合わせてご案内させていただきますので、「こんなことができないか?」とお考えの方はぜひお気軽にご相談ください。

「実際に使用してみたい」という方向けに、90日間無料の評価版もご用意しております。
以下の窓口より、お申し込みください。

今後も定期的に駅すぱあとWebサービスの活用事例をご紹介してまいります。
ユーザビリティ向上や開発運用コストの削減等に、ぜひお役立てください。

Share This Ariticle

90日無料の評価版で機能と使いやすさを体感してください